So-net無料ブログ作成
検索選択

膵臓がんの治療法と合併症・管理 [ガン]




膵臓癌は、他の癌と比べて発見が困難で
見つかった時点ではすでに手遅れの状態が多い
やっかいな癌だということは、前回復習しまた。

前回の記事:すい臓癌 症状 初期〜末期の生存率は


次は、膵臓がんの具体的な治療法についてまとめおきます。





◆ 膵臓がんの摘出手術


膵臓がんの手術は進行度合いによって
いくつかの方法があります。
発症数の多い部位から術式をみていきます。



<膵頭部のがん>
・膵頭十二指腸切除術あるいは、全胃温存膵頭十二指腸切除術

膵臓の頭部、十二指腸全部、胃の一部、胆のう、胆管を取り除き、
残った膵臓を小腸につないで膵液が小腸に流れ込むようにする。



<膵体部・膵尾部のがん>
・尾側膵切除術

膵体部・膵尾部に併せ、脾臓も摘出。
膵頭部が残るので、膵液は十二指腸にそのまま流すことができる。
摘出術としては胃や十二指腸、胆管などを切除しないため、臓器再建もなく
リスクの低い術式。



<膵臓全体のがん>
・膵全摘出術

膵臓だけでなく、周囲にある胃や十二指腸、胆管、胆のう、
脾臓、リンパ節なども全摘出しなければならない。
膵臓を全て失うため、消化酵素やホルモンの分泌ができないため
術語は消化酵素やインスリンの注射が必要になる。




<その他>
すいぞう癌が進行すると、がん細胞が胆管や消化管を圧迫して
閉塞性黄疸や消化管閉塞を引き起こすことがあり、その場合は
胆管と小腸、胃と小腸、小腸と小腸をつなぐバイパス手術を行われる
ことがある。
これにより、黄疸が改善したり、食事が摂れるようになったりする。



◆ 術後の合併症


膵液瘻・・・膵臓内の主膵管と空腸の結合部から膵液が漏れ出て出血を誘発

縫合不全・・・各臓器のつなぎ目から消化液が漏れ出て炎症を起こす

胃排泄遅延・消化不良・・・胃の切除により食べ物や胃液が長時間滞留する状態

腹腔内出血・・・前述の縫合不全による漏液や膿瘍で血管がダメージを受け出血する



膵臓の摘出術は、ガンの部位にもよりますが、膵臓だけでなく周囲の臓器も切除する
可能性が高くなります。
切除された臓器の再建術や新たなバイパスを作る過程で
合併症として最も注意を要する縫合不全による出血状態は、
ドレナージにより体外に漏液を排液することで術後管理されます。

しかし、ドレナージがうまく機能せず、体内で出血が起きる場合は、
再手術によってドレーンを設置しなす必要があります。












nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

内臓脂肪撃退法