So-net無料ブログ作成
検索選択
静脈路確保 ブログトップ

看護師・救命士の復習 静脈路確保の手順 [静脈路確保]

【看護師・救命士】静脈路確保の手順を復習


ここでは救急救命士の特定行為のひとつ
「静脈路確保」の手技・手順について
復習していきましょう。



1、輸液バックを適当な高さにつり下げる


2、つぎに回路のローラークランプをしっかり締めてから、
  輸液回路の穿刺針を輸液バックの穿刺部位に差し込む
  (輸液をバックの外に出すので「OUT」より挿入)


  この際、輸液バックの保護シール、あるいはリングプルを
  剥がして穿刺部位を露出するが、その部位は滅菌されているので
  消毒は不要である


3、回路に輸液を誘導しつつ、ドリップチャンバーを指で1、2回圧迫し
  チャンバー内を輸液で半分くらい満たす


4、ローラークランプを開放し、回路内の空気を追い出しながら
  延長チューブ先端まで輸液を満たす


 ※救急救命士による静脈路確保においては、選択される静脈は、
  手背静脈、橈側皮静脈、尺側皮静脈、肘正中静脈、大伏在静脈、
  および足背静脈の計6カ所に限定されている


5、適度な強さで駆血帯を巻き、穿刺部位を心臓の高さよりなるべく
  低い位置にして、穿刺部位のうっ血を図る


6、穿刺に適切な静脈を選択し、穿刺部位を決定する。


7、穿刺部位の皮膚を消毒後、皮膚に対して約15から30度の
  角度でゆっくりと穿刺する


8、静脈留置針が静脈壁を貫通し、逆血(バックフロー)が逆流
  してくれば穿刺成功、なければやり直す


9、静脈留置針の刺入角度を寝かせてさらに1、2ミリ挿入する


10、逆血を再確認できたら、内筒を固定したまま外筒をさらに挿入する



11、外筒のテフロン針が根元まで刺入したら駆血帯を外し、
  内筒をゆっくり抜去する
  

 ※この時抜去した内筒の針で針刺し事故が起きないように注意を払う


12、外筒を静脈内に留置し、内筒を抜去すると血液が逆流してくるので
  血液を体外にたらさないよう、外筒先端がとどまっていると推測される
  静脈直上の皮膚を圧迫し逆流を防止する


13、ルート内の気泡を静脈内に混入させないよう、清潔に輸液回路の延長
  チューブと外筒を接続する


14、ローラークランプを開放してドリップチャンバーで滴下の状況を確認、
  もし全開にしても滴下速度が遅かったり、刺入部位の皮膚周囲が次第に
  膨張してきたり、あるいは輸液バックを心臓の高さより低い位置に保持
  してみて延長チューブ内に血液が逆流してこなければ
  正しく血管内に留置されていないのでただちに留置針を抜去する


15、滴下が良好であれば医師の指示聞いて滴下数を設定する
  ※滴下数の計算方法はコチラ






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
静脈路確保 ブログトップ
内臓脂肪撃退法